2020年9月16日 水曜日

【英語】18歳学生さんの声

グローバル化が進む現代社会において、英語運用能力が不可欠になりつつあるのは、もはや言うまでもありません。

その一方で、中学や高校での英語の授業は、受験英語という側面が強く、日常における運用ができるようになると思えませんでした。

実際、中・高・大と英語教育を約10年も受けているのにも関わらず、英語の文章を書くことは出来ても話すことはできないという人が多いというのも聞いています。

これが、僕が英語を個別で始めた理由です。

「会話はキャッチボール、その受け手は少ない方が回数が増える」といったニュアンスの英会話教室の広告を見かけました。

これは本当にその通りで、マンツーマンで約3年間英会話の授業を受けてきて、グループレッスンに比べてより多くのことを吸収できたと思います。

何か問題が起きても、それは絶対に自分で解決しなくてはなりません。

この経験によって一歩ずつ進歩してきたと確信しています。

まだまだ学ぶことがたくさんあり、外国人と英語で渡り合うにはまだまだな僕ですが、最近ではCNN、BBCといった外国メディアを通し、米国トランプ大統領をはじめとした各国首脳の直接の声を聞き、また各国制作に対する各国国民の生の反応を聞き、さらには日本の出来事に対する各国の反応を伺うことができるようになり、それによって、日本のメディアだけでは伝わらないことをたくさん知ることができるようになりました。

英語能力の向上を図ることは、英語が話せるようになるだけでなく、それを通じて、自らの視点をよりグローバルにし、世界情勢を精確に把握することができるようになるなど、間接的な利点を多く享受できることに繋がるのだと実感しています。

本当にこの教室には感謝しています。

 

2020年9月7日 月曜日

【英語】20代OLさんの声

何年も英語から離れていた+英語に対して苦手意識のある私に対しても、

わかりやすく丁寧に教えて下さったので、

楽しく学ぶことができました!

ありがとうございました!

2018年12月26日 水曜日

【英語】30代会社員の声

朋子先生

2018年は大変お世話になりました!

息をのむ瞬間に出会えた事、経験できたのは、朋子先生が私に自信を与えて下さったからです!

本当にありがとうございました。

2019年は、英検準一級、TOEIC750点を目標にがんばろうと思います。そして、やはりまだ苦手な文法をマスターするべく、正しい文法で正確な英語を話す!!を頭においておこうとも思っています。

今年のような大きなチャンスがいつきてもいいようにしっかり準備をしておきたいので、来年もますますよろしくお願いいたします!!

2018年7月5日 木曜日

【英語】40代女性受講生の声

始めは自分の言いたいことだけを言えればいい、と思ってたのが、それでは会話ができないと気づき、自分の単語量を増やそうと思いました。ところが、文法知らずでは会話が成り立たない!幾度も挫折と断念で、上達どころか年数ばかりが経過する。そんな時に朋子先生と出会い、目からうろこ!漠然と輪郭がなかったものが徐々に具体化してきました。そして奥が深いなーと実感しています。
耳に入ってくる英語の中の単語が聞き取れたり、憧れの英語スターのセリフが聞き取れると、ものすごく嬉しい。自分自身のイメージでは、アミティエに来て、やっと英会話の扉を開くことができ、自分で2,3歩は歩けるようになった感じです。将来はどこか気に入った英語圏の国に住みたいと考えています。

2018年5月22日 火曜日

【英語】40代女性受講生の声

今まで旅行会社まかせだった海外旅行が、自分たちで計画し、予約し、実行できるようになった事が一番の経験 でした。「時間はもう少し足を伸ばそう」「違う経験をしてみたい」とか夢が増えてきました。

2018年4月18日 水曜日

【英語】30代女性受講生の声

学生の頃から英語が嫌いでコンプレックスになっていて、なんとかこのコンプレックスを克服したいと思っています。大嫌いな英語が朋子先生とだったら楽しく学べます。
英語がペラペラになったら、次はフランス語を勉強したいです。

2018年3月15日 木曜日

【英語】60代女性受講生の声

英語を学び始めてから、世界史、文化にも興味が広がってきました。リタイアしていますが、時間が足りません。40年間忘れていた英語を再入力です。文法から学んでいますが、楽しいです。
発音を直していただけることが嬉しいです。

2018年2月18日 日曜日

【英語】30代女性受講生の声

英語を学び始めて、その文化や歴史的背景に目を向けるようになりました。
また日本の言葉や文化を客観的に見ることができます。

2018年2月17日 土曜日

【英語】40代女性受講生の声

新しい言葉との出会いは、新しい文化との出会いだと実感。
そして学ぶことは楽しいことだと再確認しました。