2020年11月19日 木曜日

フランス蚤の市開催🇫🇷

アミティエ外国語教室に隣接する「神戸和つなぎカフェ」で11/21,22,23の三連休に「フランス蚤の市」を開催します。

パリ在住40年の飯沢よしこさんが現地の蚤の市で買い付けた珍しいアンティーク雑貨が勢ぞろいします。

ぜひ見にいらしてくださいませ!

2020年11月4日 水曜日

仏検直前総仕上げ対策 Online プライベートレッスン

2020年11月15日(日)に開催される仏検に向けて

「直前総仕上げ対策onlineプライベートレッスン」を行います。

10年以上の過去問題からの傾向と対策をもとに抑えておくべき重要ポイントが学べます。

各級先着5名とさせていただきます。

ご希望の方はホームページの「お問い合わせページ」よりお申込みください。

2020年11月3日 火曜日

【留学・長期滞在経験なしで仏検1級(成績優秀者)、英検準1級を取得する5つの勉強方法のコツ】無料動画配信

アミティエOnline (オンラインレッスン) https://amitie-online.com/ の方で、【留学・長期滞在経験なしで仏検1級(成績優秀者)、英検準1級を取得する5つの勉強方法のコツ】を配信しています。毎日1つ5日間に渡って動画をお届けします。
興味のある方はぜひこちらのオンラインアミティエのホームページからお申込みください。
2020年10月26日 月曜日

30分オンラインカウンセリング募集(11月末までの期間限定)

11月末までの期間限定で30分のオンラインカウンセリングを行います。

今の勉強方法で果たして上達してるのか不安な人

フランス語をうまくなりたいけれど勉強方法がわからない人

時間をムダにしたくない人

そんな人はぜひ一度受けてみることをお勧めします。

語学学習において勉強方法がすべてだと思っています。

まずみなさんが行き詰っている点を伺い、どのような勉強をすればその部分を伸ばせるかアドバイスします。

また私自身が仏検1級を一発合格した際に行った勉強方法も具体的にお伝えします。

30分という短い時間ですがこの30分が今後のフランス語学習の効率性を大きく変えることになるかもしれません。

11月末までの期間限定ですのでお早めにお申込みください。

2020年10月25日 日曜日

アミティエYouTubeフランス語ニュース【マクロン大統領】

アミティエ外国語教室のYouTubeチャンネル【日本のニュースをフランス語で読む】の新しいニュースをアップしました。

先日フランスで起きた事件に関するニュースです。

この動画は1週間のみの掲載となりますのでご注意ください。

 

2020年10月23日 金曜日

仏検準1級から1級への道のり(朋子先生の場合) きっかけ

通訳学校に通い始め、何かに取り付かれたように3年間フランス語に没頭したきっかけは、当時のフランス語の受講生の方からの一言でした。「先生、フランス語の通訳になればいいのに。先生みたいな人が通訳者になればとてもいいと思うわ」

とっさに「いえいえ、それは無理です」と答えたのですが、その一言が頭から離れませんでした。

その受講生の方は、私より10歳くらい年上で現役の英語通訳者として活躍されており、とても素敵な方でした。フランス語を上達させたい、というより、「ああー、私も10年後にこんな女性になりたいなぁ!」という憧れのような気持ちが強かったのかもしれません。

その思いはどんどん膨らんでいったのですが、一方で「私の年齢(当時44歳)でまだ間に合うんだろうか?」「フランス語圏に留学も長期滞在もしたことないし」という気持ちもあり通訳学校の体験レッスンに行くまでには数か月かかりました。

 

通訳学校の体験レッスンには私以外にもう一人、20代後半くらいの女性が来ていました。体験レッスンではまさに今私がYouTubeで配信している「NHKニュース」のフランス語を聞かされ、すぐにどんな内容だったかと言わされました。もう一人の方がスラスラと和訳する一方で、その時に私が言ったのは「すみません、全くわかりませんでした」のひとこと。

 

体験レッスンの最後に「何かご質問はありませんか?」と先生から聞かれ、私は一番気になっていたこと、「私の年でも間に合うのでしょうか?」と聞きました。平然と「大丈夫ですよ」という先生の言葉を、「きっと入会してもらうために言ってるんだろうな」と鵜呑みにしませんでしたが、実際入学してクラスに入ると6人中若い方から3番目で驚きました。

20代はおらず、30代の女性が二人、次が私、50代の女性、60代の女性、70代(!)の男性。みなさん、何年後かにはフランス語の通訳者あるいは翻訳者として活躍したい、という夢を持っていました。

「体験レッスンで先生が言っていたことは本当だったかも」と思ったのがクラスに入った時の印象でした(先生疑ってすみません!)

 

通訳学校は仏検最低でも2級以上のレベルであることが必要で、準1を持っていた私が入ったクラスも5つのうちの真ん中でした。

一番上のクラスはどんな人がいるのかな?どんなレッスンをするのかしら?自分がそこに行くまでは果てしない道のりがあるように思え、友人には「たぶん10か年計画になると思う」と話していました。

そんなことを考えながら10月に通訳学校でのレッスンが始まった後、すぐにエンジンがかかったわけではなく、しばらくはボーっとしていたように思います。

その後レッスンでの度重なる赤っ恥経験が一心発起へと繋がるのですが・・・続く

2020年10月20日 火曜日

仏検を受けるメリットについて

2020年秋季仏検のインターネットの締切が明日10月21日までです。

迷っている方、ぜひ受験されることをお勧めします。

仏検だけに限らず検定試験を受けるということにはいくつかのメリットがあると思います。

まず一つ目は、もちろん資格という証明を手に入れることができる、ということ。合格証書が来るとまた次の級もがんばろう!という気になります^^

二つ目は、検定の試験のための勉強によって飛躍的に上達することができる。検定試験を利用して英語やフランス語のレベルを上げる、という感じです。私の教室の受講生の方々の中でも英検、仏検を定期的に受験される方は上達の速度が速いです。

三つ目のメリットとして、二つ目と似ていますが、ある一定の期間内に集中して学習する機会を得れる。ということ。外国語をマスターしてる人たちは、多かれ少なかれ、過去の一定期間がむしゃらに語学を勉強したという時期を経験しているような気がします。私の場合は通訳・翻訳の学校に通った3年間でした。この3年の間、朝起きるや否や、フランス語のニュースを聞き、食事と仕事と睡眠以外はフランス語しかしませんでした。毎日ルーティンですることが決まっていたので(フランス語ニュース、ディクテ、作文、シャドーイングなど)、そのリズムを崩さないように友達と外食も月に1回くらい。お風呂にも防水用のbluetoothを置いてフランス語を聞いていました。ちょっと狂気的な3年間でしたが、あの時期があったからこそ6か月後に仏検1級を成績優秀者として一発合格でき、3年後に通訳、翻訳の仕事をもらえるようになりました。あの3年間がなければきっと死ぬまで仏検準1級のままで終わっていたと思います。

そして何よりも嬉しいのは、以前の自分よりも遥かにレベルアップしたフランス語力の自分でいる人生を長く楽しめるということ!通訳学校に行き始めるのが10年遅ければ通訳者として働く年数も10年間減っていたはず。「狂気の3年間」がその後の人生を大きく変えるとしたら、やってみる価値あると思いませんか?

一日でもより早い時期に、そしてより短い時間でマスターすればその分外国語で楽しめる自分の人生が長くなる、ということ。

ああー、すみません。あの3年間の話をするとどうしても熱くなってしまい、話がどんどん逸れました。

要は仏検によって集中に学習せざるとえない機会を得る、ということ。そしてその集中した期間が大きな副産物をもたらしてくれるように思います。

実は通訳の学校に行くまでの私は、「別に今でもフランス人の心許せる友人がいるし、特にフランス語で困ることもないし、なんとなくこのままフランス語を細く続けてさえいればいつか上達するんじゃないかなー」とぼんやり思っていました。しかし、その時も自分ではわかっていたと思います。

「語学は何もしないと今のレベルは確実に落ちていく。これまでと同じ勉強を続けていると現状維持ができるだけ。さらに上達しようと思うなら今までとは違う勉強方法で取り組む必要がある」ということを。

ちなみに仏検1級合格レベルくらいになると、その後はそんなにガツガツ勉強を続けなくても大丈夫です。このレベルになるともう自分でどうやって自分をトレーニングするかがわかります。ほんとにラクで楽しいです♪

私がゆるい生活から一転してストイックな生活を始めるようになったのには、小さなきっかけがあったのですが、それについてはまた後日ブログに書きたいと思います。

みなさんにとってこの記事がモチベーションアップへの小さなきっかけとなれば嬉しいです^^

 

 

 

 

 

2020年10月17日 土曜日

仏検直前プライベートレッスン受付中!

まだ間に合います!

11月15日(日)の仏検プライベートレッスン受付中!

プライベートレッスンでラストスパートをかけましょう。

 

「お問い合わせページ」よりお気軽にメールをください。

2020年10月17日 土曜日

フランス語の非人称構文その①

 

いろんな非人称構文を紹介していきます。

今日の表現はニュースでよくみられる非人称構文です。

Il est à noter que が注目されている

Il est à croire que ind. のようだ

Il est à craindre que sub.の恐れがある

est à savoir si … かどうかわからない

 

 

2020年10月12日 月曜日

フランス語検定【仏検】3級向け:代名詞問題

仏検3級の設問3で出題される「代名詞」を問う問題です。

 

次の(1)~(4)の(  )内に入れるのに最も適当なものを、それぞれ①~⑤のなかから1つずつ選んでください。

 

(1) Anne aime les chats mais elle n’ (   ) a pas chez elle.

  ① les    ② en    ③ l’

 

(2) Jean aime Audrey mais elle ne (   ) aime plus.

  ① en    ② l’    ③ lui

 

(3) Thomas a trouvé une vue magnifique et il (   ) a prise en photo.

  ① en    ② y    ③ l’

 

(4) Mes frères? Je ne (   ) ai plus vus depuis quelques mois.

  ① les    ② lui    ③ en

 

以下に解答と訳、解説があります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

(1) Anne aime les chats mais elle n’ ( ② en ) a pas chez elle.

  アンヌはネコが好きだが、家では(それを)飼っていない。

▶ 代名詞を使わなければ elle n’a pas de chat chez elle となります。「否定のde+名詞」は中性代名詞のen で代えます。

 

 

(2) Jean aime Audrey mais elle ne ( ② l’ ) aime plus.

  ジャンはオドレイを愛しているが、彼女はもう(彼を)愛していない。

▶ 代名詞を使わなければ「elle n’aime plus Jean」となりますので、直接目的語のJeanを直接目的語人称代名詞で代えます。

 

 

(3) Thomas a trouvé une vue magnifique et il ( ③ l’ ) a prise en photo.

  トマは素晴らしい景色を見つけて、(それを)写真に撮った。

▶代名詞を使わなければ「il a pris la vue[cette vue] en photo」となります。直接目的語となっている「定冠詞または指示形容詞+名詞」は直接目的語人称代名詞で代えます。また、直接目的語人称代名詞が過去分詞より前にある場合には、代名詞と過去分詞の性数が一致します。

 

 

(4) Mes frères? Je ne ( ①les ) ai plus vus depuis quelques mois.

  私の兄弟ですか?もう数か月も(彼らに)会っていません。

▶ 代名詞を使わなければ「Je n’ai plus vu mes frères depuis quelques mois」となります。直接目的語となっている「所有形容詞+名詞」は直接目的語人称代名詞に代わります。また、直接目的語人称代名詞が過去分詞より前にある場合には、代名詞と過去分詞の性数が一致します。注意したいのは、voir「会う」という動詞は、日本語では「~に会う」となりますので、「~に」にあたる前置詞àを入れて間接目的語をとりそうですが、フランス語では直接目的語をとるということです。